相続による不動産(土地・家・マンション)の名義変更を明朗会計の”相続登記おまかせ一括パック”で提供しております。不動産の名義変更 大阪/京都/滋賀

不動産の名義変更にかかる費用と時間を教えてください。

不動産の名義変更にかかる費用と時間を教えてください。

相続による不動産(家・土地・マンション等)の名義変更にかかる費用とは私たち司法書士の報酬と名義変更登記にかかる税金(登録免許税)、物件調査などにおける登記事項証明書取得にかかる費用です。

その中で登録免許税は相続を原因とする場合、不動産の固定資産税評価額0.4%です。評価額は固定資産税の納税通知書に記載されていますので、一度見て頂くとわかると思います。

この登録免許税は税金ですので、ご自分で名義変更の手続きをされても必要となってきます。また、登記事項証明書取得とは現在の所有者の確認、私道部分に権利が残っていないかなどの確認、そして間違いなく名義が相続人に変更されたことの確認のために必要になってきます。これが土地1筆につき約1,500円程度です。この費用も基本的には実費としてかかってきます。

よって、司法書士の報酬部分が、誰に依頼するかで変わってきますが、私たち「ひかり相続手続サポーター」にお任せ頂いた場合、後々の相続争いを防ぐための①遺産分割協議書の作成、②申請書の作成、③法務局への申請代行、④完了後の登記事項証明書の取得すべて含めてホームページより相談・ご依頼いただいた場合は「不動産の名義変更 おまかせ一括パック50,000円(税抜)で行なっております。

また、平日に役所に戸籍を取りに行く時間がないという方は戸籍の収集も含めた場合の費用は6万5千円(税抜)です。

【不動産の名義変更 具体例】
父の戸建て(土地と建物1筆ずつ)の自宅の名義変更にかかる費用
※土地と建物の固定資産税評価額が併せて500万円の場合

①登録免許税 500万×0.4%
②登記事項証明書取得費用 2筆(土地と建物)×1,500円
③司法書士費用 50,000円(税抜)
①+②+③=7万3,000円

不動産の名義変更の手続きにかかる時間に関しては、お客様の予定との兼ね合いもありますので、一概には言えませんが下記のような流れとなります。

不動産の名義変更の流れ

不動産の名義変更についてさらに詳しくはこちらへ»

不動産の名義変更 よくある質問

不動産所有者が亡くなられた事による不動産の名義変更には、期日が決められているわけではありませんし、罰則があるわけでもありません。

だからといって名義変更をせずにそのままにしているうちに新たに相続が発生してしまうことも考えられます。そうなると、手続がより複雑になり、時間・手間・費用が余計に発生してしまうことになります。そうなる前に、ひかり相続手続きサポーターではお客様の大切な財産をお子様やお孫様の世代へ受け継いでいくお手伝いをさせていただきます。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.