相続って誰に相談すればいいの?

「忙しくて手つかずのまま・・・」「何からしていいのか分からない・・・」相続の手続きには色々な専門家がいてどこに相談していいのか迷ってしまいます。
個別に依頼すれば、それだけ費用が膨れてしまう心配もあります。ここでは、相続手続きに関わる各専門家の特徴を説明いたします。

相続手続きを誰に頼めばいいのか迷う人

司法書士 ーひかり司法書士法人ー

司法書士は不動産の名義変更(相続登記)ができます。不動産を持っている方がお亡くなりになりどなたが相続するかが決まれば名義を変更することになります。

「ひかり相続手続きサポーター」に相談いただくきっかけとして一番多いのは不動産の名義変更についての相談です。

不動産を所有されている方は多くおられますし、高齢になればその確率は高くなってきます。そういったことからも、相続手続きの一番の窓口として身近なところにいるとも考えられます。従来の司法書士は相続登記だけに目がいってしまい、相続税のことや周辺の手続きが必要なことをアドバイスしないこともありました。

しかし、近年は相続税の非課税枠が引き下げられたことに伴い、税務の面についても分かっていないと、お客様に迷惑をかけることになります。

税理士 ーひかり税理士法人ー

税理士が相続の場面で必要となるのは、相続税の申告の場面となります。

不動産の名義変更をすると相続税がかかる、あるいは誰でも相続税がかかるなどと思われている方もいますが、そうではなく、実際に相続税の申告が必要な相続は全体の4%程度と言われています。つまり、多くの方は相続税の申告が必要のないものと考えられます。

相続税の申告は税理士しかできませんが、その数少ない相続税の申告に精通している税理士も多くはいません。

弁護士

弁護士はすべての手続きにおいて代理人となることができますが、すべての手続きについて精通しているものでもありません。やはり相続の場面で活躍するのは調停や審判といったところではないでしょうか。つまり、相続人の間で紛争が発生しているところで登場することがほとんどでしょう。

行政書士 ーひかり行政書士法人ー

行政書士の業務の範囲は広く、その分野は多岐に渡ります。その中で相続手続きの場面で活躍するというと、相続人の調査と遺産分割協議書の作成が主な業務となります。費用に関しては安価なところが多く、依頼内容によっては相談しやすいところではないでしょうか。

不動産鑑定士

その名のとおり、不動産を鑑定することを業務としています。どのな場面で必要になるのかと言えば、相続税の申告が必要な場合や係争中で家庭裁判所に適正な価格を提出する必要があるような場合に依頼することになります。ただ、直接一般の方が依頼することは少なく、弁護士や税理士から鑑定を依頼されることが殆どになります。

ひかり相続手続きサポーターに依頼すると

遺産整理を行うのに、資格というものは必要ありませんが、そこにはやはり長年培ってきたノウハウが必要となってきます。そうでない事務所に依頼してしまうと、せっかく依頼していただいても満足して頂ける結果に至らないことになってしまいます。

「ひかり相続手続きサポーター」は相続業務・遺産整理業務に特化した士業の専門家集団です。一つの士業が窓口となって提携の税理士などに外注するのとは異なり、すべて幣グループの士業が対応いたしますので、ご安心ください

誰に頼んでいいのかわからない方、ぜひともおまかせください!

「ひかり相続手続きサポーター」は司法書士、税理士を中心とした士業の専門家集団であります。紛争性がなければ、どのような相続手続きであっても弊社が窓口となり、預貯金の解約手続きや不動産の名義変更など全てを一括しておまかせ頂けます。

また、相続人間で話がまとまらず、どうしていいかわからない場合やトラブルがあっても、幣グループ顧問の弁護士が対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

相続の無料相談
土日祝対応
メールで相続の相談・お問い合わせ

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

大阪京都・相続相談会

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.