夫婦共同名義の建物を離婚するので、売却しようと考えています。住宅ローンが残っているのですが、売却はできますか?

夫婦共同名義の建物を離婚するので、売却しようと考えています。住宅ローンが残っているのですが、売却はできますか?

マイホームを夫婦共有名義で住宅ローンを組んで購入しましたが、離婚をされる場合に、今後、住まれる方だけでは住宅ローンの返済が負担なので、売却をして、それぞれ別の場所に引っ越しをお考えの事例です。

本事例の場合、売却して買主へ名義変更をするということになります。よって夫婦間での名義変更ではなく、まずは買主を探すことになります。通常は、仲介業者などの不動産業者へお願いすることになるかと思いますが、本事例で一番大きなポイントは、売却代金で、住宅ローンをすべて返済できるのかというところです。

仮に、住宅ローンをすべて返済できるのであれば、そこまで難しい話ではありません。

しかし、売却しても、完済まで大きく足りないような場合、通常、売却することはできません。なぜなら、売却した代金で住宅ローンを完済し、担保が何もない状態で、買主へ名義変更しなければならないところ、住宅ローンを完済できないので、担保がついた状態ではだれも買ってくれないからです。

この場合には、通常の不動産取引とは異なり、特に、任意売却という形で、売却をすすめていくことになります。任意売却は、売却代金だけでは、住宅ローン完済に足りないものの、その他の条件を付けたり金融機関と交渉し、担保だけは抹消して、売れる状態にする売却の方法をいいます。もちろん、売却代金からの返済で返しきれなかった分は、売却後に、返済をする必要があります。

任意売却は、通常の不動産の売却とは、異なる手続きや知識を必要としますので、ある程度、任意売却を専門にされている不動産業者さんに相談されることをお勧め致します。

ひかり相続手続きサポーターでは、任意売却を専門に取り扱っている不動産業者様とのお付き合いもございますので、不動産業者様と一緒に名義変更のご支援をしていくことが可能です。

お金の問題で、離婚がしたくてもできない方がいらっしゃいましたら相談だけでも結構です。一度、ひかり相続手続きサポーターまで、ご相談にいらしてください。

離婚による持ち家・マンションの名義変更のご相談はこちら

財産分与による不動産の名義変更 相談事例

オンライン相続相談会

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.