辞典で測量の意味を調べると、次の様に表記されています

器械を用いて地球上の任意の地点の位置や方向を求めること,およびこれをもとに土地の広さなどを決定すること。広地域を対象とする測地測量と小地域を対象とする平面測量に分かれる。測量の手段によって平板測量,写真測量,三角測量などに分ける。また目的によって地形測量,水路測量,地質測量などに分かつ。広義には,器械を用いて地表の諸量を測定する行為一般。たとえば地磁気測量,重力測量など。
上記の様に難しく書かれていますが測量とは,互いに位置の異なる点の間の相対的位置関係を求めるものであります。各点の位置関係やその他の資料を基礎として地図等を作成したり,身近な事で例えると、土地の面積を算出したり、ビルの高さなどを計測したりすることができます。

また天文観測により地球上の観測点の天文学的な緯度,経度を求めるもの,あるいは地磁気,重力等を対象とした地球物理的な測定,河川の流速,流量等の測定,設計図上の点を地上に設定することなども測量の範囲に含めることが多いです。
昨今では様々な技術が発達しており、ドローンや3Dレーザースキャナー等を駆使して測量をすることができるようになっています。
このように、物なども測る事ができるか等、多岐に渡ってご相談に乗る事ができますので、いつでもご相談のお電話下さい。お待ちしております。

測量とは? 測量ってどんな事をしているの?

オンライン相続相談会

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.