司法書士と土地家屋調査士の違い

皆様は土地や建物の不動産登記の変更や更正を行うときに司法書士土地家屋調査士と言う資格(職業)があることをご存知でしょうか?

今回はこの二つの職業の違いをご紹介させて頂きます。

業務での違い

司法書士と土地家屋調査士はどちらも主に不動産登記を扱う職業になります。

司法書士は不動産の権利に関する登記申請を取り扱うのに対し、土地家屋調査士は不動産の物理的な状況を正確に把握するために調査や測量を行い登記申請を取り扱う職業になります。

司法書士とは

司法書士の主な業務は、登記・供託などの手続き代理です。

土地やマンション、家屋など不動産の権利関係を登記として記録するための書類作成、および申請代理を行います。

また、供託とは法律行為の達成を目的に公的機関に財産などを預ける制度で、その申請代理を司法書士が行います。

これらは司法書士法で定められた司法書士の独占業務になります。

また、法務大臣の認定を受けた認定司法書士は、簡易裁判所における訴訟事務を行うことが認められています。

訴訟手続きのほか、支払督促手続きや民事調停手続きなど、簡易裁判所管轄の事案についての代理が行えます。

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士の主な業務は、不動産の物理的状況(土地の大きさや建物の形状等)を正確に登記記録に反映させるのに必要な調査や測量を行います。

土地又は建物の物理的な状況を把握するためには過去の資料調査や、現地での測量を行います。

また、筆界特定の手続について代理申請等も行います。

筆界特定の手続とは、隣接する土地の所有者間で境界に争いが生じ民間で解決できないケース、又は隣接土地所有者の行方がわからず、境界協議ができない場合等に法務局の筆界特定登記官が土地所有者等の申請により境界線を特定する制度であり、専門的知識を有する筆界調査委員の調査結果と意見を踏まえ申請人、関係人の弁明、提出された資料等により総合的に判断し特定する制度です。

これらは土地家屋調査士法で定められた独占業務になります。

簡単ではございますが2つの資格(職業)にはこのような違いがあります。

 

一般の方で、司法書士と土地家屋調査士の業務の違いがわかる方というのそこまでいないと思います。

この案件は司法書士に頼めばいいのか、土地家屋調査士に頼めばいいのかわからないということは、大いにありえます。

弊社では、ひかり司法書士法人とひかり測量設計さらに土地家屋調査士と提携をしておりますので、不動産登記に関するお悩みであれば、ほとんどの問題に対応することができます。

 

土地の境界のことや建物の名義変更のことなどに関して、やらなければいけないけれど放っておいてるようなことはありませんか。

まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

東京 相続相談会

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.