住宅ローンの相続

多くの方はマイホームを購入する時に金融機関から購入資金の融資を受けて購入されるでしょう。この住宅ローンの返済途中で亡くなってしまった場合、残された債務も被相続人の遺産(マイナスの財産と言ったりします)として相続の対象になるのが原則です。

しかし、残された家族で住宅ローンを返済していくのは大変なので、ほぼすべての民間金融機関では、団体信用生命保険の加入を住宅ローンの条件としています。

この団体信用生命保険に加入していると、家族の大黒柱に万が一があった場合、残債務は保険金で支払われることになるので、残された家族が返済していく必要はありません。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

大阪京都・相続相談会

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.