銀行口座の名義変更

最も身近な遺産相続となるのが預貯金ではないでしょうか。

相続財産の中に銀行の預金債権がある場合、銀行は相続が発生(口座名義人の死亡)したことを知ると口座を凍結させます。

原則として、相続人全員で遺産分割協議をして、預金債権が誰に帰属するのか確定しないうちは預けているお金を引き出すことは出来なくなります。

従って、相続が発生すると、相続財産に含まれている預金債権は遺産分割協議の上、解約して相続人で分配するか、口座名義人を相続人の誰かの名義に変更してもらうことになります。

このような凍結された銀行口座の名義変更手続きも私たち「ひかり相続手続きサポーター」なら相続手続きのプロである司法書士が対応いたしますので安心してお任せを頂けます。お気軽にご相談下さい。

銀行口座の名義変更の流れ

銀行口座名義変更の流れ

不動産の名義変更サービス 相続税申告サービス

銀行口座の名義変更 必要書類

  • 遺産分割協議書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人の生年に遡る戸籍・除籍・改製原戸籍謄本
  • 預金を受け取る相続人の現在の戸籍謄本(住民票)
  • 各金融機関定型の手続用紙
  • 預金を受け取る相続人の実印

※金融機関により必要な書類は異なる場合があります。

銀行口座の名義変更にかかる費用

銀行口座の名義変更 1社につき30,000円

その他の料金について

サービス内容 料金 実費
戸籍収集 1万5000円 戸籍取得に必要な手数料 本籍地が遠方の場合郵送代
※戸籍は被相続人の出生から死亡まで、相続人の現在の戸籍、住民票が必要です。
遺産分割書の作成 1万5000円

banar_pc

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.