遺言書の作成・財産管理は知識と社会的信用のある司法書士へご相談下さい。遺言書作成 大阪/京都/滋賀

遺言書はいつ書くのがいいですか?

遺言書はいつ書くのがいいですか?

結論からいいますと遺言書はいつ書いて頂いても構いません。といいますのも遺言書には期限などはありませんので、古いから無効なんてことにはならないからです。

ただし、遺言書を書くことができる能力は必要になります。具体的には満15歳以上であれば有効な遺言書が書けるとされています。しかし、遺言は意思表示ですので、有効な遺言書を書くには、自分の財産処分に対する判断能力が十分にある状態でないといけません。ですので、あまり死の間際に作成してしまうと判断能力が十分にあったのか問題となるケースも出てきます。

このような自体を避けるためにも、遺言書は早めに作っておくことをおすすめします。また、一旦遺言書を書いた後気が変わった場合、生きて判断能力がある限り何度でも遺言書は書き直すことが出来ます。仮に前に遺言書を書いていたことを忘れて新たに遺言書を作ってしまった場合、それぞれの遺言書の内容に抵触する部分については書き直しがあったとみなされて新しい遺言書が有効になります。

遺言書・財産管理 よくある質問

遺言書を作成する理由は人それぞれですが、よくお聞きするのが、「自分が生存しているうちに、自分の財産の帰属先を決めておきたい」「自分が死亡したあとに、遺産の事でモメてほしくない」といったものです。 理由は何であれ、贈与をするのであれば、やはりその旨は登記・遺言書として作成しておくことが賢明といえます。なぜなら遺言書の作成をしないまま贈与者が亡くなってしまうと、結局本当に贈与があったのかどうかも分からなくなるため、モメる要因になってしまうからです。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.