固定資産税納税通知書

こんにちは
ひかり司法書士法人 滋賀事務所の安田です。

3月も下旬に差し掛かり、年度末になりなにかと忙しくされているのではないのでしょうか?
4月に入ると平成25年度も終わり、固定資産税の評価額も新しくなり、不動産をお持ちの方には固定資産税の納税通知書が順々に送られてきます。

この固定資産税の納税通知書の送付先は原則、その年の1月1日の登記名義人に送られてきます。ですので、2月に家を買った人はその年の納税通知書は送られてこず、前の所有者に送られることになります。

相続が起こった場合も同じで、登記名義人が亡くなっていたとしても相続登記をして登記名義人を相続人名義に名義変更をしていなければ、亡何某宛てで納税通知書が送られてきます。

被相続人名義で送られてくる納税通知書を見て相続登記をしなければと思う方も多いようです。

相続登記をお考えの方はぜひ一度ひかり司法書士法人までお問い合わせください。

関連記事:
昨年に亡くなった、父名義の家の固定資産税納税通知書が届きました。どうしたらいいですか?

毎年4月末から5月の上旬にかけて固定資産税の納税通知書がやってきます。
納税通知書は原則、不動産の登記名義人宛に送られます。

もし登記名義人が亡くなられている場合はその相続人様に送られることになります。納税通知書の宛名がお亡くなりになった方の名前で来ている場合は相続登記が出来ていない可能性があります。

相続登記はすぐにしなければならないものではありませんが、ずっと放置しておくとさらに相続が発生し、上手く話がまとまらず最悪登記の名義変更がスムーズに出来なくなってしまうことがあります。

お亡くなりになっている方宛に納税通知書が届いた方は一度お問い合わせください。

関連記事:
昨年に亡くなった、父名義の家の固定資産税納税通知書が届きました。どうしたらいいですか?

オンライン相続相談会

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.