家族信託サービス&料金表

家族信託を利用したい場合、自分で手続きすることも可能です。しかし、信託の仕組みは分かりにくく、時間をかけて調べたことが間違っていることもあります。 また、家族信託は信託期間中の時間が長いため、その間に当事者の誰かがなくなったりと、事情が変化することが多々あります。その変化に対応できるように色々な場面を想定して信託を設計する必要があります。

ひかり相続手続きサポーターでは家族信託に精通する司法書士が対応いたします。

家族信託サービス内容

  1. お客様の要望にあった信託契約の提案
  2. 信託契約書の作成
  3. 信託財産に不動産がある場合の登記
  4. 信託口座の開設のサポート
  5. 家族信託・家族信託導入後のアドバイス

料金表

専門家報酬

依頼者のニーズに合わせた信託設計を行うために要する費用です。
信託契約で管理を託す財産の評価額、不動産なら固定資産税評価額をもとに算出します。

信託財産の評価額 報酬
3000万円以下 30万円
3000万円~1億円以下 1000万円ごとに5万円追加
1億円~ 1億円ごとに20万円追加
信託契約書作成費用 15万円
信託登記の報酬 10万円
信託監督人、受益者代理人報酬 1万円 / 月

料金 参考例

不動産2000万円、金銭1000万円の場合の信託費用
専門家報酬 30万円
信託契約書作成 15万円
信託登記の報酬 10万円
合計 55万円+実費*
 

*主な手数料、税金

公証役場の手数料 5000万円程度なら3~4万円、1億円程度なら5~6万円程度
信託登記の費用(登録免許税)  信託の設定に伴う登記に関する税金(登録免許税)は、土地が固定資産税評価額の0.3%、建物が固定資産税評価額の0.4%
土地の評価額1000万円→税金は3万円
建物の評価額500万円→税金は2万円

家族信託手続き代行の流れ

flow

家族信託基礎知識

  1. 以下のチェックリストに当てはまるかたは家族信託の検討をされることをオススメします。
  2. 家族信託とは「財産を信頼できる人に託して、自分や家族を守るために管理してもらう」ことです。
  3. 家族信託は信頼できる相手との「契約」であり、契約当事者となる人(親と子など)が契約の目的や効果を理解...

家族信託のお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ