遺言書の作成・財産管理は知識と社会的信用のある司法書士へご相談下さい。遺言書作成 大阪/京都/滋賀

遺言書の書き方に決まりがあるのでしょうか?

遺言書の書き方に決まりがあるのでしょうか?

遺言書は有効に成立するためには、法律によって定められた要件を満たしている必要があります。この要件を満たしていない場合、無効な遺言書として、せっかく作った遺言書の内容で遺産を分配出来なくなってしまいます。簡単な例をあげますと、自筆証書遺言はその名の通り自筆でなければなりません。この要件を無視してワードなどで作った自筆証書遺言は遺言書としての効力を得られず、結局遺言書が無かったものとなります。

また遺言書の種類として、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言がありますが、それぞれに方式が異なり、メリットやデメリットもあります。遺言書は人生最後の意思表示ですので、せっかく書いた遺言書が無駄にならないように専門家である我々ひかり相続手続サポーターにお任せください。

遺言書・財産管理 よくある質問

遺言書を作成する理由は人それぞれですが、よくお聞きするのが、「自分が生存しているうちに、自分の財産の帰属先を決めておきたい」「自分が死亡したあとに、遺産の事でモメてほしくない」といったものです。 理由は何であれ、贈与をするのであれば、やはりその旨は登記・遺言書として作成しておくことが賢明といえます。なぜなら遺言書の作成をしないまま贈与者が亡くなってしまうと、結局本当に贈与があったのかどうかも分からなくなるため、モメる要因になってしまうからです。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.