将来相続税がかかる方、相続が発生して相続税申告が必要な方へ。 相続税申告・対策、100件超のコンサルティング実績

夫が亡くなり、妻・長男・長女の3人で夫の財産を相続しました。具体的な相続税の計算方法について教えてください。

夫が亡くなり、妻・長男・長女の3人で夫の財産を相続しました。具体的な相続税の計算方法について教えてください。

夫名義の財産は、土地2,000万円、家屋700万円、預金2,000万円、その他財産2,000万円、債務葬式費用200万円で、財産は、1/3ずつ分割する場合。

【相続税の計算は、次のようになります】

  1. 課税価格の合計額を計算します
    土地2,000万円 + 家屋700万円 + 預金2,000万円 + その他財産2,000万円
    – 債務葬式費用200万円 = 6,500万円(父の課税価格の合計額)
  2. 基礎控除額を計算します
    3,000万円 + 600万円 × 3人(法定相続人の数)= 4,800万円
  3. (1)-(2)=1,700万円(相続税計算の基になる金額)
  4. まずは法定相続分とおりに相続税を計算します
    1,700万円×法定相続分
    (妻1/2)×税率10%=85万円
    (長男1/4)×税率10%=42万5千円
    (長女1/4)×税率10%=42万5千円
    —————————————————
    相続税の合計:170万円
  5. 財産を取得したごとの税額を計算します(百円未満切捨)
    170万円×妻1/3=566,600円⇒配偶者軽減により:納税額0円
    170万円×長男1/3=566,600円
    170万円×長女1/3=566,600円
    —————————————————
    実際の納税額の合計:1,133,200円

※あくまで概算計算のため、財産の状況・取得者等により納税額が変動します。

※土地については、評価減の項目が多数存在します。そのため、土地の評価に精通した税理士に依頼することをお薦めいたします。

相続税の申告・対策 よくある質問

相続税対策・申告のご依頼を検討中の税理士は相続に精通してますか?

相続税は相続税法に精通しているのはもちろん、不動産の財産評価に関する知識の有無によって、税額が倍近く変わることもあると言われています。一方、税理士には得意な分野もあれば、不得意な分野もありますので、お客様が相続にあまり詳しくない税理士に申告を依頼してしまった場合、適正額を超える相続税を支払う可能性があるため、相続税対策の税理士選びは慎重に検討しなければなりません。

私たちひかり相続サポーターのグループ税理士法人は、相続専門の部署を設け、相続発生前の相続税対策から相続発生後の遺産分割のご提案、遺産の名義書換手続き、納税資金対策、更正の請求、税務調査対応まで、高度な知識と豊富な経験により幅広い分野でお客様のニーズにお応え出来る体制を整えております。

相続税について、遠方の方もまずはお問い合わせください!

グループの税理士法人は京都事務所を中心に、滋賀事務所及び大阪事務所を併設しております。 京都、滋賀・大阪はもちろんのこと、兵庫、奈良のお客様にも幅広く対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

また、被相続人様が関西地方にお住まいで、相続人様が全国各地(海外を含む)にいらっしゃるような相続に対してもお手伝いの実績がございます。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.