相談事例

ご相談内容 京都市(自宅の名義変更)

祖父が亡くなった後、祖父名義の自宅の名義変更をせずにずっとそのままにしてほったらかしにしている間に父が亡くなったのですが、祖父名義の自宅はどうしたらいいのでしょうか?

亡くなった方の相続人がさらになくなった場合には、その相続人の方が相続人になります。
本件の場合には、おじいさんの相続人がお父さんのみ、お父さんの相続人がお母さんとお姉さんと相談者様の3人とのことなので、この3人が相続人になります。

3人共有で相続するということになりましたので、遺産分割協議書を作成することはありませんでしたが、亡くなられたおじいさんの戸籍は相当古く保存期間が経過しており、入手することが出来ませんでした。

本件では戸籍の収集まで依頼されたので、当方で戸籍を集め相続人を確定させた後、遺産分割協議書を作成し、相続人の方全員に署名捺印してもらい、名義変更登記へ。

んな時は、役所で不在住・不在籍証明書を挙げて、法務局に対しての上申書を作成し、その他入手出来た戸籍等を添付することによって名義変更の登記をすることが出来ます。

相続による名義変更の登記には期限がありませんので、どうしてもそのままにしておかれる方もいらっしゃいます。しかし、本件の場合には相続人が少なく、それほど複雑ではなかったですが、相続人の数が増えれば増えるほど、複雑になっていきます。また戸籍にも保存期間があるので、長い間そのままにしておくと入手することも出来なくなります。

こうなるとご自分で申請することはかなり、難しくなります。我々ひかり司法書士法人で相続の案件を多数扱ってますので、複雑な案件であっても間違いなく名義変更することが可能です。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.