相続した自宅(実家)の売却(相続の相談事例)

相続した自宅の不動産売却について(京都市下京区 A様)

父が亡くなり、自宅(実家)が遺産として残っているのですが、相続人である兄弟4人はみんなそれぞれくらしているので、必要ありません。どうしたらいいでしょうか?

本件では相続人は4人兄弟なので、4人で分割協議をし、お父さんの自宅を売却し、売却代金を4人で分割する換価分割の方法をとることに決まりました。

ただし、遺産を売却するには相続による名義変更の登記をする必要があります。

本件では戸籍の収集まで依頼されたので、当方で戸籍を集め相続人を確定させた後、遺産分割協議書を作成し、相続人の方全員に署名捺印してもらい、名義変更登記へ。

その後、不動産会社を紹介し、売却の手続へ。
売却による名義変更の登記の必要書類もすべて当法人で作成し、相続人の方は印鑑証明書さえ用意して頂いたら後はすべて当法人で用意出来ました。

関連ページ

相続した不動産の売却までの流れ

相続不動産売却の流れ

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.