不動産の名義変更について(相続の相談事例)

ご相談内容(不動産の名義変更について)

今、住んでいる家が、かなり昔に亡くなった祖父名義のままになっています。祖父の相続人である父は高齢です。
父名義に相続登記をしたほうがいいのでしょうか?

相続登記については期限などはありませんので、必ずしもしなければならないわけではありません。しかしながら、放置しておいてもいいことは何もありません。お父様が高齢ということで、またすぐに相続登記をすることになり費用がもったいないという方もいらっしゃいますが、亡くなった祖父様の相続人がお父様だけであるなど、よっぽど後々揉める可能性がない限り、相続による名義変更はしておかれたほうがよいでしょう。

かなり昔に亡くなっていらっしゃる場合、戸籍などの保存期間が過ぎて集まらないこともありますが、その場合でも登記の専門家である司法書士であれば、保存期間の過ぎた戸籍に代わる書類を作成することができます。

関連ページ

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.