離婚と相続、夫婦と子供

夫婦は婚姻により親族関係が発生し、離婚により親族関係は無くなります。
よって、離婚した後に夫が亡くなった場合でも妻(この場合元妻になります)には親族関係は無いので、相続人にはなりません。

但し、夫婦が離婚したとしてもその夫婦の間の子との関係においては、夫と子、妻と子の間でそれぞれ親子関係は続くので、離婚後であっても子は夫と妻それぞれの相続に対して相続人になります。これは親権の有無や親子が同居しているか否かによって変わるものではありません。

具体的には、夫婦の間に子が一人いる場合に夫が死亡したとして夫婦が離婚前であれば、相続人は妻と子、持分は2分の1ずつになります。これに対して離婚後であれば、妻は相続人にはならず、子一人で全てを相続することになります。

また、離婚した夫に再婚相手(後妻)がいた場合、夫と後妻の関係は通常の夫婦関係と何ら変わらないので、夫の相続において後妻は相続人になります。これに対して後妻と、前妻と夫との間の子(いわゆる夫の連れ子)との間では夫の連れ子は後妻の相続人にはなりません。一親等の姻族として親族関係はあるものの後妻とは直接の親子ではないからです。

この場合に子を後妻の相続人にするには後妻と連れ子の間で養子縁組をして法律上の親子関係を築く必要があります。

関連記事:離婚による夫婦共有名義の不動産の名義変更

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.