相続による不動産(土地・家・マンション)の名義変更を明朗会計の”相続登記おまかせ一括パック”で提供しております。不動産の名義変更 大阪/京都/滋賀

兄弟がいるのですが、不動産を長男だけが相続することになりました。どのような手続になりますか?

兄弟がいるのですが、不動産を長男だけが相続することになりました。どのような手続になりますか?

ご実家や土地を相続するにあたり、長男様だけが(共同相続人の中のお一人が単独で)不動産を相続される場合、後々に兄弟でトラブルにならないために遺産分割協議書を作成し、共同相続人全員の実印を押印してもらう必要があります。また、その際に作成した遺産分割協議書は登記の名義変更にも必要となってきます。

また、遺産分割協議書は共同相続人全員で協議しなければ無効になりますので、まずは被相続人の戸籍を収集して、相続人の確定をしなければいけません。

私たち「ひかり相続手続サポーター」では、上記にある遺産分割協議書を作成はもちろん、戸籍の収集から長男様への登記名義の変更(相続された不動産の名義変更)まですべてお任せ頂くことができます。

 

家や土地を相続したら。。

相続による不動産の名義変更】【相続した不動産の売却

不動産の名義変更 よくある質問

不動産所有者が亡くなられた事による不動産の名義変更には、期日が決められているわけではありませんし、罰則があるわけでもありません。

だからといって名義変更をせずにそのままにしているうちに新たに相続が発生してしまうことも考えられます。そうなると、手続がより複雑になり、時間・手間・費用が余計に発生してしまうことになります。そうなる前に、ひかり相続手続きサポーターではお客様の大切な財産をお子様やお孫様の世代へ受け継いでいくお手伝いをさせていただきます。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.