故人に借金がある方や、相続争いに巻き込まれたくない方は相続放棄手続きを。 相続放棄手続き 3万円より

相続放棄と限定承認の違いを教えてください。

相続放棄と限定承認の違いを教えてください。

相続放棄とは、その名の通り、相続人としての一切の権利義務を放棄することです。これに対して限定承認とは、相続人が、相続によって得た財産を責任の限度として被相続人の債務および遺贈を弁済する形の相続です。簡単に言えば、相続財産に不動産や預貯金などのプラスの財産と借金のようなマイナスの財産がある場合に限定承認をすれば、プラスの財産を換価処分し、それで借金を返済し、それでもお金が余ればその分を相続し、お金が足りなければ、不足分については相続人が補う必要はないという手続です。

相続放棄と限定承認の違いは相続放棄はすべての権利義務を放棄するのに対して、限定承認は、相続はするのだけれども、借金が多い場合に、その部分については責任を負わないという限定した相続といえます。

上記のような制度ですので、相続放棄は借金が多いことがわかっている場合にされることが多く、限定承認はプラスの財産とマイナスの財産でどちらが多いかよくわからない場合に使われることが多いです。

相続放棄 よくある質問

相続放棄とは、相続をしたくないときに家庭裁判所に申し出ることにより、相続を受ける権利を放棄する手続のことです。

相続財産がマイナスであることが明らかなときは、相続放棄をすれば十分ですが、プラスかマイナスか分からない時には相続によって得た財産の範囲内においてのみ被相続人の債務を弁済する責任を負う限定承認を選択されるとよいでしょう。

限定承認・相続放棄ともに、自分が相続人であると知ったときから3ヶ月以内に、管轄の家庭裁判所に、陳述書を提出する必要があります。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.