相続よくある質問

亡き父親の相続人がどこにいるかわかりません。対応していただけますか?

誰が相続人になるのかというのは法律で定められています。

では、どうやってその人が相続人であるかを証明するのかといいいますと、役所に届けられている戸籍や除籍といった書類で証明することになります。

戸籍というのは、その人が生まれたときから死ぬまでの身分に関する事柄が記載されている非常にプライバシーの高い書類になります。

そこには、いついつに生まれ、誰が父親あるいは母親なのか、いつに婚姻し子供がいつ生まれたのかなどといったことが記載されています。

その書類をつなぎ合わせることで亡くなられた人の子供あるいは配偶者などといった相続人を確定することができます。

時には相続が発生してからまたその相続人が亡くなっているといったような場合、相続人の確定にはそれなりの知識と経験を必要とする場合もでてきます。また、相続人同士であっても疎遠であったりして連絡先などもわからない場合もでてきます。

このような相続人調査のご相談も「ひかり相続手続きサポーター」までご依頼いただければ対応させていただきます。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.