相続した不動産(土地・家・マンション)の売却をお考えの方、不動産の名義変更から売却まで一括でおまかせ下さい。相続不動産の売却 大阪/京都/滋賀

相続した不動産を売却した際にかかる費用と税金について教えてください。

相続した不動産を売却した際にかかる費用と税金について教えてください。

不動産(土地)の名義を変更すると色々な税金がかかってくることになります。一番わかりやすいのが不動産を贈与したときに贈与を受けた者にかかる贈与税などがあります。これは登記の原因が贈与になっている場合にかかることになりますが、登記原因が贈与でなくても、贈与税がかかる場合があります。例えば、2人が共同で不動産を買った時に売買代金は2人で折半したにも関わらず、名義を1人だけにしたとか持分を100分の1と100分の99と極端に一方が多いような持分にした場合にはその多い分については贈与を受けたとみなして贈与税がかかる場合があります。ですので、基本的には、売買代金の支払割合の応じた持分にしておく必要があります

その他、不動産を売却した時の税金としては譲渡所得税がかかりますし、買主には不動産取得税や登録免許税がかかります。

売却する際の費用としては、ケースによるので一概にはいえませんが、仲介業者に頼めば、仲介手数料が司法書士に登記を依頼すれば、登記費用がかかります。また住宅ローンなど金融機関の融資を利用すればその分、保証料や事務手数料などの費用が発生します。

不動産売却時の税金の計算方法と特例についてはこちら

相続不動産の売却 よくある質問

相続をする不動産を売却などの処分をする際に、亡くなった方(被相続人)の名義のままでは売却できません。

まずは現在の所有者を確定する為に相続登記による名義変更を行います。この相続登記の際に専門的な知識がいる為、私たち司法書士の業務となります。その後に不動産業者などを通じて売却となるのですが、私たちひかり司法書士法人では京都府、滋賀県を中心に開業80年の実績により、信頼のおける不動産業者との提携をしておりますので相続による名義変更から不動産の売却による名義変更までを一括してお任せいただく事により、時間・お金・手間を節約する事ができます。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.