相続について

数次相続

相続が発生しても、土地建物の名義を相続人に変えなければならないというわけではありません。しかし、相続が発生しているのに長い間放置していると相続人まで死亡してさらに相続が開始してしまう場合があります。このように相続した後さらに相続人に相続が発生した場合のことを数次相続といいます。

例えば、祖父が死亡し、相続登記をしないでいる間に父も死亡してしまった場合、父が相続した祖父の財産を父の相続人である子が相続するような場合です。

代襲相続と似ていますが、代襲相続は相続発生前に推定相続人が死亡した場合にをいいます。

上記の例でいうと、祖父の死亡前に父が死亡した場合を指します。

数次相続の場合と代襲相続の場合では相続人が異なってきますので、死亡した順番は相続において重要になります。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.