相続について

相続放棄

相続放棄とは、相続人が遺産の相続を放棄すること。被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースや、家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するときなどに使わます。

相続放棄をすると最初から相続人でなかったものとされる点で相続廃除とは異なり、最初から相続人ではないことになるので、相続放棄した者の子に代襲相続がされることはなく、第1順位の相続人である子が全員相続放棄をすれば、第2順位の相続人である直系尊属が相続人になることとなる。

なお、3か月以内に限定承認又は相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は(家庭裁判所に期間の伸長を申し出なければ)単純承認とみなされます。

相続放棄については詳しくはこちら

「ひかり」の相続サポートサービス

  • 相続による不動産の名義変更
  • 相続した不動産の売却
  • 相続税の申告
  • 遺言書作成
  • 相続放棄・限定承認

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.