相続について

寄与分

寄与分とは、共同相続人中に、被相続人の財産の増加や維持に特別の働きをした者がいる場合に、相続財産からその寄与分を控除したものを相続財産とみなして各相続人の相続分を計算し、寄与者にその控除分を取得させることによって共同相続人間の公平を図る制度です。

具体的には、相続人の中に被相続人の事業を手伝った、病気を看病した等、被相続人の財産の増加について特別な寄与をした者のことをいいます。

但し、寄与分はそもそも相続分がある相続人でないと受けられませんので、相続人ではない者が、特別の寄与をしたからといって、寄与分をうけられるわけではありません。

「ひかり」の相続サポートサービス

  • 相続による不動産の名義変更
  • 相続した不動産の売却
  • 相続税の申告
  • 遺言書作成
  • 相続放棄・限定承認

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.