相続について

法定相続人

法定相続人とは、ある人が亡くなった時に誰が相続人となるのかを民法に定めたものです。

法定相続人には、順位と相続する割合が定められており、配偶者は常に相続人になり、第1順位で子、第2順位で直系尊属、第3順位で兄弟姉妹となっています。

第1順位の子がいない場合、第2順位の直系尊属となり、第1順位の子、第2順位の直系尊属共にいない場合には第3順位の兄弟姉妹となります。

ちなみに直系尊属とは、直接血のつながりのある自分よりも世代が上の人をいい、もっとも代表的な人が親、親がいなければ祖父、祖母のように存命の限りさかのぼります。

相続する割合については、第1順位の場合、配偶者と子がそれぞれ2分の1ずつ相続します。また子が数人いる場合は2分の1を均等に分配します。第2順位の場合、配偶者3分の2、直系尊属3分の1です。この場合においても直系尊属が数人いる場合3分の1を均等に分配します。第3順位の場合、配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1になります。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.