司法書士事務所の選び方

今回は司法書士事務所の探し方・選び方について書いてみたいと思います。一般的に、普通に生活している人は一生のうちに2回しか司法書士と出会わないと言われています。

まず1回目はマイホームを買うときです。この時は不動産の仲介業者さんや工務店さん又は住宅ローンの銀行さんが司法書士を紹介してくれるので、あまり司法書士を探すという必要性はありません。ただ、最近では、紹介された司法書士の費用が高いのではないかとセカンドオピニオン的に司法書士を探される方もいらっしゃいます。当事務所は見積もりだけでもさせていただきますので、紹介された司法書士の登記費用が高いなと思われた方はぜひ一度、お問い合わせください。

そしてもう2回目は相続が起こった時です。お父さんやお母さんが亡くなった時に実家の登記名義が親御様の名義のときには相続登記が必要となってきます。この時はマイホーム購入の場合と異なり、身近に司法書士がいなければ、自分で司法書士を探す必要があります。

そうなると、やはり最近ではネットを使って探される方が多いですが、司法書士事務所のホームページはどこも似たようなことが書いてありますが、どのように選んでいけばいいのでしょうか。

まず一番基本的なことですが、不動産の登記名義の変更をしたい場合には、司法書士を探してください。行政書士や税理士では登記名義を変更することはできません。そして司法書士を名乗るには国家試験を突破しなければなりませんので、だれに名義変更をするかが決まっていれば、とりあえず司法書士に頼めばまず問題なく名義変更をすることができます。

では司法書士事務所によって違いが出るのはどの部分でしょうか。

ほとんどの方が一番気にされている登記費用が各事務所により異なってきます。現在は報酬自由化によって事務所によって報酬部分に違いがでてきます。ほとんどの方は普段、司法書士に仕事を依頼することがありませんので、司法書士費用の相場というものがわかりません。よって司法書士事務所を探す際にも登記費用をみて決めることが多いのですが、報酬規程をみても実際どのくらいかかるかわからない場合が多いです。不動産の筆数によってまたは相続人の数によって値段があがっていったり、遺産分割協議書の内容によって登記費用が変わったりするので一見ではよくわからない場合が多いです。これは司法書士側からすればある程度は仕方がないことなのですが、お客様からすれば他の事務所と比較することもできません。よって明朗会計を謳っている事務所を選ばれた方がいざ依頼したときに思っていたよりも登記費用が高かったなど登記費用についてのストレスを感じることもあるでしょう。

次に、お客様が気にされていることは、大事な書類や印鑑証明書などを預けることになりますので、その事務所が信頼できる事務所かどうかということです。信頼できるかどうかをホームページだけで判断することは難しいですが、やはり一度、事務所へ行ってお客様自身の目で事務所を見て司法書士と面談することで任せても大丈夫という信頼が生まれるものだと思います。

最後に、事務所の所在地についても確認が必要です。登記の申請は不動産の所在地を管轄する法務局に申請をする必要がありますが、現在はオンライン申請をすることができますので、日本全国どこの法務局でも事務所から申請することができます。しかしながら案件によっては面談が必要な場合や、物件の確認が必要な場合があります。

以上、私の経験上、お客様が司法書士事務所を探される際に気にされていることを挙げてみました。

ひかり司法書士法人では、相続登記は1件5万円と明朗会計でわかりやすかったというお声をたくさん頂いております。また、東京・大阪・京都それぞれ駅から徒歩数分という場所に事務所を構えておりますし、複数の司法書士が在籍しておりますので、ご連絡いただきましたらすぐにご面談させていただきます。また各事務所の連携も強いので、お住まいは東京で物件が関西というような案件でもそれぞれの事務所で対応させていただきます。

司法書士事務所選びに迷われている方はぜひ一度ひかり司法書士法人へお問い合わせください!

関連記事:相続手続きは誰に相談すればいいの?

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

東京 相続相談会

大阪京都・相続相談会

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.