相続に必要な戸籍の集め方

相続が発生すると不動産登記の名義変更はもちろんのこと預貯金の解約や、車や株式などの名義変更の手続きが必要になります。

そのほとんどの手続きに戸籍の添付が必要になります。これは被相続人が亡くなったこと及び被相続人の法定相続人がだれなのかを確定させるために必要になります。

しかしながら一般の方で戸籍を目にする機会というのは少ないのではないでしょうか。特に最近は免許証に本籍地が載らなくなったこともあり被相続人やご自身の本籍地がどこかわからないということも少なくありません。本籍地がわからない場合は住所地で住民票をあげれば本籍地が記載されます。

まず相続に必要な戸籍とは、被相続人の生まれてから死ぬまでの戸籍・除籍・原戸籍及び相続人の戸籍になります。戸籍・除籍・原戸籍の違いがわからない方は多いかと思います。

簡単に違いをいうと、除籍とは転籍や死亡によって現在のことを記載していない戸籍のことで除かれた戸籍という言い方をするので除籍といいます。戸籍は現在のことを記載している除かれていない戸籍ということになります。

原戸籍とは法律の改正によって戸籍の書き方が変わった際に新しい戸籍が作られているのですが、その新しい戸籍が作られる前の戸籍のことをいいます。最近でいえばいままで縦書きの戸籍だったのが、コンピューターで管理するようになり、横書きに変わりました。この新しい戸籍自体は勝手に作ってくれているのですが、今まで縦書きの戸籍だったものが法律改正により、横書きの戸籍があたらしく作られ、今までの縦書きの戸籍はどうなるのかというと原戸籍として存在することになります。

ひかりの相続サポートなら様々な相続問題を解決できます

スタッフ写真

相続の無料相談

土日祝対応

メールで相続の相談・お問い合わせ

copyright© ひかり相続手続きサポーター all rights reserved.